産経ニュース

【アメフット】日大会見、司会者は元共同通信記者 「質問終わり」「迷惑」連呼 専門家「対応として最悪」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【アメフット】
日大会見、司会者は元共同通信記者 「質問終わり」「迷惑」連呼 専門家「対応として最悪」

日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督の会見後、報道陣に囲まれる司会を務めた広報部の米倉久邦氏=23日午後、東京都千代田区(松本健吾撮影) 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督の会見後、報道陣に囲まれる司会を務めた広報部の米倉久邦氏=23日午後、東京都千代田区(松本健吾撮影)

 日本大アメフット部の内田正人前監督(62)らによる23日の記者会見をめぐり、司会者だった日大広報職員の対応に波紋が広がっている。「切りがない」などと何度も会見を切り上げようとし、報道陣とたびたび衝突。混乱の一部始終はインターネットで生中継され、専門家は「広報対応として最悪」と指摘する。

 司会を務めた日大広報部の米倉久邦氏は、元共同通信記者で経済部長や論説委員長など要職を歴任。メディア広報対応の豊富な知識などが買われ、日大広報に就任したとされる。

 会見では1時間が経過した頃から、複数の質問をする記者に「他にも手が挙がっているので、質問を続けないで」と牽制。さらに時間が経過すると、まだ多くの記者が質問しようと挙手しているにもかかわらず、「大体同じ質問が繰り返されているので、これで質問は終わり」「迷惑ですから」などと、何度も会見を切り上げようとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日大会見、司会者は元共同通信記者 「質問終わり」「迷惑」連呼 専門家「対応として最悪」
  • 日大会見、司会者は元共同通信記者 「質問終わり」「迷惑」連呼 専門家「対応として最悪」

「ニュース」のランキング