産経ニュース

強制不妊手術、きょう一斉提訴 国の政策…「人生返して」

ニュース 社会

記事詳細

更新


強制不妊手術、きょう一斉提訴 国の政策…「人生返して」

妻の命日に仏壇に手を合わせ、旧優生保護法の訴訟について報告する原告男性=東京都内(加藤園子撮影) 妻の命日に仏壇に手を合わせ、旧優生保護法の訴訟について報告する原告男性=東京都内(加藤園子撮影)

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、北海道、宮城県、東京都の被害者3人が17日、国に損害賠償を求める訴訟を各地の地裁へ一斉に提起する。東京地裁に提訴する男性(75)は産経新聞の取材に応じ、「人生を返してほしい」と長年苦しんだ胸の内を吐露した。旧法をめぐって、国は「当時は適法だった」と釈明するものの、ずさんな手続きが次々と明らかになっている。

 「まさか国が進めた手術とは」。東京地裁に訴えを起こす男性は1月、旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が繰り返されていたことを報じる新聞記事を見て、14歳で受けた手術の意味を知った。28歳で結婚したが子供は授からず、妻は5年前に亡くなった。生前、知人の子供に見せていた妻の笑顔を浮かべると悔しさがこみ上げる。

 「お前が受けたの、子供ができなくなる手術だぞ」。仙台市の児童養護関連施設にいた中学2年の頃、施設の先輩にこう聞かされた。男性に障害はないが、複雑な家族関係を背景に友人とトラブルを起こすなどして施設に入所。「悪いところがあるかも」と職員に連れて行かれた病院で突然、背中に麻酔を打たれ手術が始まった。

続きを読む

「ニュース」のランキング