産経ニュース

【被災地を歩く】「村に人がいなくなって桜の大切さがわかった」 20年かけ3千本植樹 福島・飯舘

ニュース 社会

記事詳細

更新

【被災地を歩く】
「村に人がいなくなって桜の大切さがわかった」 20年かけ3千本植樹 福島・飯舘

会田征男さんが植えた約300メートルの桜並木 会田征男さんが植えた約300メートルの桜並木

 福島県飯舘村伊丹沢。スギやマツの木に囲まれた山道を走った先に、笹ノ沢地区の道沿いが桜の淡いピンク色に染まっていた。約300メートルにわたって続く並木は元養蚕農家の会田(あいた)征男(まさお)さん(73)が約20年の年月をかけて植えたものだ。道路脇の広場と合わせてヨシノザクラやオオヤマザクラなど約3千本が立つ。

 征男さんが桜を植え始めたのは平成8年のこと。「飯舘には人に見せられるものがない。これからでも遅くない。桜を植えれば人が来るだろう」そんな思いがきっかけだった。

 桜の植樹は春と秋にしかできない。25年間続けた養蚕農家から野菜農家に転身したばかりだった。午前5時から桜を植えた。桜を植えると、遅くは午後10時ごろまでキュウリの苗作りの作業をする日々。「草刈りや手入れなど大変だった。なんでこんなことをやっているのだろうと思った」。苦労は生半可なものではなかった。

 目標があったわけではなかった。しかし、数が増えるにつれて、1千本という目標が見えてきた。目に浮かんだ光景は桜の名所として知られる青森県弘前公園。「あそこの桜が2600本。あれに勝ちたかった」。ひたすら植え続けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「村に人がいなくなって桜の大切さがわかった」 20年かけ3千本植樹 福島・飯舘

「ニュース」のランキング