産経ニュース

3700万円詐欺被害 架空のネット利用料請求

ニュース 社会

記事詳細

更新


3700万円詐欺被害 架空のネット利用料請求

 警視庁南大沢署は25日、東京都八王子市の30代の男性会社員が、架空のインターネット利用料などを請求され、約3700万円をだまし取られる被害に遭ったと明らかにした。

 南大沢署によると、3月13日に料金支払いを求めるメールが男性に届いた。問い合わせ先とされた会社に電話したところ、その後1カ月にわたり会社担当者や弁護士などをかたる複数の男から指示され、簡易書留などで計約1200万円の現金を郵送した。自宅近くの公園で、男に約2500万円を手渡したこともあったという。

 男らと連絡が取れなくなったため、男性が今月14日に南大沢署に相談した。男性は現金を工面するため、自身の全ての預金に加え、カードローンで借り入れるなどしたという。

「ニュース」のランキング