産経ニュース

口の中の瓶は「毒」か 容疑者2人を送検 西部邁さん自殺幇助

ニュース 社会

記事詳細

更新


口の中の瓶は「毒」か 容疑者2人を送検 西部邁さん自殺幇助

送検のため警視庁月島署を出る窪田哲学容疑者=7日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影) 送検のため警視庁月島署を出る窪田哲学容疑者=7日午前、東京都中央区(宮崎瑞穂撮影)

 評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)=の入水自殺を手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)容疑で、東京MXテレビ子会社社員の窪田哲学(45)と会社員、青山忠司(54)の両容疑者が警視庁に逮捕された事件で、西部さんの口の中に入っていた瓶の中身について、窪田容疑者が「(西部さんから)毒だと聞いている」などと話していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は同日、2人を送検した。

 捜査関係者によると、窪田容疑者は「西部さんから、『これは毒だ』といわれて渡された薬のようなものを、瓶に入れて渡した」などと説明。瓶はフィルムケース大で、発見時は空だった。司法解剖などの結果、西部さんの死因は「溺死として矛盾ない」というものだったが、警視庁では血液や瓶の内容物を鑑定して死因を詳細に調べる。

 また、西部さんが発見時に着用していた工事現場用のハーネスについて、青山容疑者が「勤務先にあったものを持っていった」などと供述していることも判明。西部さんは1月21日早朝、東京都大田区の多摩川で見つかり、ハーネスに接続したロープが土手の樹木に結びつけられていた。

このニュースの写真

  • 口の中の瓶は「毒」か 容疑者2人を送検 西部邁さん自殺幇助

関連ニュース

「ニュース」のランキング