産経ニュース

「2人に申し訳ない…」西部邁さん長女、にじむ後悔

ニュース 社会

記事詳細

更新


「2人に申し訳ない…」西部邁さん長女、にじむ後悔

評論家の西部邁氏=平成24年12月(桐原正道撮影) 評論家の西部邁氏=平成24年12月(桐原正道撮影)

 評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)=の入水自殺をめぐり、自殺幇助容疑で窪田哲学容疑者(45)と青山忠司容疑者(54)の2人が逮捕された5日夜、西部さんと同居していた長女(49)が産経新聞の取材に応じ、「父が頼んだことなので、断ってくださったらよかった。2人に申し訳ないことをした」と話した。

 長女によると、青山容疑者は西部さんが主宰する私塾の塾頭で、対談相手になったこともあった。一方、窪田容疑者は西部さんが出演した東京MXテレビの番組編集を担当。普段から酒席をともにし、「父とは親しい間柄だった」という。

 西部さんは生前、著書などで「生の最期を他人に命令されたりいじり回されたくない」などとし、「自裁死」を示唆。だが、2人に手助けを依頼していたことは聞かされていなかった。長女は「父は1人でやると思っていた」と複雑な胸中を明かした。

 長女に宛てられた遺書に書かれていたのは、「警察にご迷惑をかけるかもしれないが、病院死は嫌だ」という言葉だった。長女は「父の気持ちを最後まで変えることができなかった」と言葉少なに語った。

 東京MXテレビの話「捜査中でコメントを差し控えますが、弊社としては警察の捜査に全面的に協力します」

「ニュース」のランキング