産経ニュース

スルガ銀に契約白紙要求 シェアハウス問題で弁護団

ニュース 社会

記事詳細

更新


スルガ銀に契約白紙要求 シェアハウス問題で弁護団

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営が頓挫した問題で、物件購入者の被害回復を支援する弁護団は15日、購入者の大半がローンを組んでいたスルガ銀行本店(静岡県沼津市)を訪れ、契約を白紙とすることなどを求めた。

 かぼちゃの馬車をめぐっては、不動産会社「スマートデイズ」(東京)が土地と建物を販売し、購入者から借り上げていたが、今年1月に賃借料支払いを突然停止。スルガ銀から融資を受けた物件購入者らが返済困難に陥る可能性が出ている。

 弁護団は物件を不当な高値で販売したとする詐欺容疑などで、スマートデイズ関係者らの刑事告訴も検討している。

「ニュース」のランキング