産経ニュース

【オウム死刑囚】「いよいよ」「緊張」死刑囚移送開始に遺族

ニュース 社会

記事詳細

更新

【オウム死刑囚】
「いよいよ」「緊張」死刑囚移送開始に遺族

仙台拘置支所に到着したオウム真理教の死刑囚を乗せたとみられる車両=14日午前、仙台市若林区 仙台拘置支所に到着したオウム真理教の死刑囚を乗せたとみられる車両=14日午前、仙台市若林区

 オウム真理教元幹部ら死刑囚の移送が14日に始まったことに、教団による一連の事件の遺族は「いよいよだ」「緊張する」と、執行の準備とみられる動きへの感想を明かした。

 公証役場事務長監禁致死事件で父親を亡くした仮谷実さん(58)は「いよいよ始まる。法務省はよくぞ決断してくれた」と歓迎する。

 事件から23年。「私たち遺族や被害者が納めている税金が、死刑囚を生かす費用になっていることが悔しい」と話す。

 一方で、事件に関与した中川智正死刑囚(55)から、もっと真相を聴きたいという思いもあるとも明かした。

 地下鉄サリン事件で夫を亡くした、被害者の会代表世話人の高橋シズヱさん(71)は「もうきょうから緊張している」と声をこわばらせた。

 12日に上川陽子法相に会い、死刑囚との面会や執行への立ち会いを求めたばかり。面会後に上川氏からハグをされたといい、高橋さんは「思いがあってのことだったのかと、いまさらながら思う」と話した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング