産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


「スマホ操作」と運転手 新東名高速の死亡事故

 静岡県掛川市の新東名高速道路で10日、大型トラックが乗用車と別の大型トラックに衝突し1人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑で逮捕された大型トラックの運転手、大畑賢治容疑者(44)=静岡市清水区=が「スマートフォンの操作に気を取られていた」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警高速隊によると、現場に大畑容疑者のトラックのブレーキ痕はなかった。現場は片側2車線で、事故当時、中央分離帯の草刈りのため追い越し車線を規制し、走行車線が渋滞していた。

 高速隊は大畑容疑者が前方をよく見ていなかったため、渋滞の最後尾に突っ込んだとみて、詳しい状況を調べている。

「ニュース」のランキング