産経ニュース

上司らパワハラの有無 神奈川県警が巡査の拳銃自殺を再調査 

ニュース 社会

記事詳細

更新


上司らパワハラの有無 神奈川県警が巡査の拳銃自殺を再調査 

泉署の地域課の巡査だった古関耕三さんの両親は会見で、「息子の名誉を取り戻したい」と涙ながらに話した=12日、横浜市中区海岸通の「波止場会館」 泉署の地域課の巡査だった古関耕三さんの両親は会見で、「息子の名誉を取り戻したい」と涙ながらに話した=12日、横浜市中区海岸通の「波止場会館」

 平成28年3月に神奈川県警泉署地域課の巡査だった古関耕成さん=当時(25)=が自殺したのは、上司や先輩から嫌がらせを受けたことなどが原因だったとして、両親が県に慰謝料など約5500万円の損害賠償を求め横浜地裁に提訴したことを受け、県警がパワーハラスメントの有無などを再調査する方針であることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、事件後、古関さんが所属していた地域課員らに県警が事情聴取を行った際にはパワハラやいじめなどの事実は確認できなかった。

 一方、今回の訴訟で両親が「パワハラがあった」と訴えていることを踏まえ、当時の署員や上司らを対象に改めて事情聴取し、パワハラの有無などについて再調査する方針という。

 事件は同年3月12日午前8時25分ごろ発生。同課所属で交番勤務だった古関さんが署に出勤後、署1階男子トイレの個室内で自らの頭を拳銃で打って死亡した。

 両親の代理人弁護士によると、事件の数か月前から古関さんは母親に対して「上司から怒鳴られる」などといった内容の相談を繰り返していた。

「ニュース」のランキング