産経ニュース

銀行員や農協職員名乗る男から同じ日に3件の特殊詐欺被害 川崎

ニュース 社会

記事詳細

更新


銀行員や農協職員名乗る男から同じ日に3件の特殊詐欺被害 川崎

 中原署は、川崎市中原区に住む高齢者3人が同じ日にそれぞれ手渡し型の特殊詐欺被害に遭い、キャッシュカードを詐取されたと発表した。

 同署によると、80代の無職女性は8日、銀行員を名乗る男から自宅に電話があり、「あなたのキャッシュカードが不正に使われ、現金を引き出されたようだ」などと嘘を言われ、その後、検察官を名乗る男からカードが偽造されたため、カードを新しくするよう促され、自宅を訪れた男にカード7枚をだまし取られた。

 また、80代の無職男性は同日、農協職員を名乗る男からキャッシュカードが偽造されたのでカードを新しくする必要があるなどと虚偽の事実を告げられ、やはり自宅を訪れた男にカード5枚を詐取された。さらに、70代の無職女性は同日、銀行員を名乗る男から類似の嘘を言われ、自宅を訪れた男にカード1枚を手渡し、だまし取られたという。

「ニュース」のランキング