産経ニュース

神奈川県警巡査自殺、両親が県に損賠請求 上司や先輩からの嫌がらせ主張

ニュース 社会

記事詳細

更新


神奈川県警巡査自殺、両親が県に損賠請求 上司や先輩からの嫌がらせ主張

両親は会見で、「息子の名誉を取り戻したい」と涙ながらに話した=12日、横浜市中区海岸通の「波止場会館」 両親は会見で、「息子の名誉を取り戻したい」と涙ながらに話した=12日、横浜市中区海岸通の「波止場会館」

 平成28年に神奈川県警泉署地域課の巡査だった古関耕成さん=当時(25)=が自殺したのは、上司や先輩から嫌がらせを受けたのが原因だったとして、秋田市に住む両親が12日、神奈川県に慰謝料など約5500万円の損害賠償を求め、横浜地裁に提訴した。両親は上司らから日常的に暴言を吐かれたり、暴力を受けたりしたことが原因と主張。自殺の数日前から古関さんが精神的に追い詰められていることを認識しながら拳銃を携帯させており、県警が安全配慮義務を怠ったとしている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング