産経ニュース

千葉・印西の放火殺人、3人を起訴 16歳少女は不起訴

ニュース 社会

記事詳細

更新


千葉・印西の放火殺人、3人を起訴 16歳少女は不起訴

 千葉県印西市で2月、全焼した民家の焼け跡から女性の遺体が見つかった事件で、千葉地検は12日、殺人と現住建造物等放火の罪で、いずれも住所不定で無職の菅野弥久(20)と仲内隼矢(20)、定時制高校3年の金崎大雅(20)の3容疑者を起訴した。同容疑で逮捕されていた少女(16)は、嫌疑不十分で不起訴とした。

 起訴状などによると、菅野被告らは2月17日午後4時40分ごろ、同市の無職、海老原よし子さん=当時(55)=宅の6畳間で、海老原さんの体や畳、ふすまに灯油をかけてライターで火をつけ、海老原さんを殺害したとしている。

 捜査関係者などによると、菅野被告らは海老原さんと金銭トラブルを抱えていた。海老原さんに暴行を加えた後、灯油をかけ放火した可能性が高いという。

 千葉県警の捜査員が2月18日昼、4人が静岡県富士市の道の駅に駐車中の車内にいるところを発見、身柄を確保し翌日に同容疑で逮捕していた。

「ニュース」のランキング