産経ニュース

【コリア実況中継!】「結局、その夜も…」ポスト文在寅最有力候補のおぞましい性暴力の手口

ニュース 社会

記事詳細

更新

【コリア実況中継!】
「結局、その夜も…」ポスト文在寅最有力候補のおぞましい性暴力の手口

 2017年3月、韓国大統領選へ向けた「共に民主党」の予備選に臨む安煕正・忠清南道知事(右端)。右から2人目は現大統領の文在寅氏=韓国・光州(共同)  2017年3月、韓国大統領選へ向けた「共に民主党」の予備選に臨む安煕正・忠清南道知事(右端)。右から2人目は現大統領の文在寅氏=韓国・光州(共同)

 以降、各界のトップが相次いで告発を受けた。東アジアのノーベル文学賞候補者として村上春樹氏とともに名前が挙がる詩人、高銀(コ・ウン)氏や、ヴェネチアやベルリンなど国際映画祭で多数の受賞歴を誇る金基徳(キム・ギドク)氏。キリスト教徒が神父から7年にわたり暴行を受けていた実態も暴露された。

 大学の演劇学科で教授を務めていた男性俳優は9日、首を吊った状態で遺体で発見された。教え子からの告発が相次いでおり、自殺を図ったとみられる。

 さらに今月10日には、与党「共に民主党」の国会議員で、ソウル市長選への出馬も取り沙汰された閔丙●(=木へんに豆)氏が、セクハラ行為の告発を受けて辞職を表明。一連のセクハラ・性暴力問題で初めて、現役国会議員が辞職に追い込まれることになった。

 告発を受けた中に、左派系の関係者や支持者が多く含まれていたことから、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾罷免以降、存在感を示すことができていない右派はがぜん勢いづいている。党代表の女性蔑視発言などがたびたび問題になってきた最大野党・自由韓国党は、「性暴行被害を受けた女性の安息所であるかのように振る舞っていた民主党が、最も大きな暴行加害者集団だった」と攻勢を強めている。

 「男性中心社会が叫んできた、正義だの、自由だの、平等だの、芸術だの、献身だのという言葉が、どれだけ偽善的だったか明らかになった」(東亜日報)。各界で混乱が相次ぎ「もはや聖域はない」(京郷新聞)事態に、現在のところ、収束の兆しはみえない。

 #MeToo 「私も」を意味するツイッターのハッシュタグ(検索目印)。昨年、米映画界の大物プロデューサーによるセクハラ行為を女優らが告発したのを契機に、性被害告発の象徴になった。被害者が顔や名前を公表して加害者を告発したり、他の被害者に共感や連帯を示す動きが広がっている。

このニュースの写真

  • 「結局、その夜も…」ポスト文在寅最有力候補のおぞましい性暴力の手口
  • 「結局、その夜も…」ポスト文在寅最有力候補のおぞましい性暴力の手口
  • 「結局、その夜も…」ポスト文在寅最有力候補のおぞましい性暴力の手口

「ニュース」のランキング