産経ニュース

【森友文書】麻生太郎財務相「理財局の一部の職員」と強調 「最強官庁」揺るがす前代未聞の不祥事

ニュース 社会

記事詳細

更新

【森友文書】
麻生太郎財務相「理財局の一部の職員」と強調 「最強官庁」揺るがす前代未聞の不祥事

大臣室へ入る麻生太郎副総理兼財務相=12日午前、東京都千代田区の財務省(納冨康撮影) 大臣室へ入る麻生太郎副総理兼財務相=12日午前、東京都千代田区の財務省(納冨康撮影)

 学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地取引をめぐる決裁文書の書き換え問題で、説明を拒み続けてきた財務省が12日、ようやく国会に対し、事実関係を認めた。民主主義の根幹を揺るがす背信行為だが、誰の指示で、いつ、どのように行われたのかは依然明らかになっていない。「最強官庁」とされてきた財務省には激震が走り、国会周辺は緊張感に包まれた。

 「理財局の一部の職員によって行われた」。財務省が決裁文書の書き換えを認めたことを受け、12日午後、報道陣の取材に応じた麻生太郎財務相は、同省の組織的関与はないことを繰り返し強調した。いらだちを見せる一幕もあり、自身の進退については「考えていない」と一蹴した。

 海外メディアを含む大勢の報道陣で埋め尽くされた東京・霞が関の財務省1階エレベーターホール。午後2時すぎに麻生氏がエレベーター内から姿を現すと、おびただしい数のカメラのフラッシュがたかれた。

 冒頭、麻生氏は手元のペーパーに目を落とし、「本省理財局において、森友事案に関する計14件の決裁文書の書き換えが行われていたことが明らかになっている」と同省の調査結果を読み上げ、「私としても深くおわび申し上げる」と陳謝した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 麻生太郎財務相「理財局の一部の職員」と強調 「最強官庁」揺るがす前代未聞の不祥事

「ニュース」のランキング