産経ニュース

「首をつって死ね」発言のさいたま市議を出席停止 市議会懲罰委が可決

ニュース 社会

記事詳細

更新


「首をつって死ね」発言のさいたま市議を出席停止 市議会懲罰委が可決

 さいたま市の吉田一郎市議(54)=無所属=が2月の同市議会文教委員会で質問に答えた市立図書館長に「首をつって死ね」と発言した問題で、同市議会懲罰特別委員会は12日、吉田市議を2月定例会の会期終了までの出席停止処分とすることを決めた。会期は16日まで。

 議会局によると、同委では、処分について無所属の委員1人が「陳謝」を主張したが、それ以外の委員による起立多数で処分が決定したという。15日に本会議で審議し、正式に決定する。吉田市議は「最終的な処分が確定していない段階でコメントは差し控える」としている。

 この問題をめぐっては、自民党市議団が先月末、辞職勧告決議案を提出したが、議事延期となっている。同案の取り扱いについては、14日の同市議会議会運営委員会で審議される見通し。

関連ニュース

「ニュース」のランキング