産経ニュース

【東日本大震災7年】茨城・北茨城で人命救助訓練 潮来市では炊き出しで絆強める

ニュース 社会

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
茨城・北茨城で人命救助訓練 潮来市では炊き出しで絆強める

茨城県北茨城市の総合防災訓練で、倒壊家屋からの人命救助訓練を行う市消防本部の救急隊員ら=11日午後、同市関本町福田(丸山将撮影) 茨城県北茨城市の総合防災訓練で、倒壊家屋からの人命救助訓練を行う市消防本部の救急隊員ら=11日午後、同市関本町福田(丸山将撮影)

 東日本大震災の発生から7年となった11日、津波や液状化に見舞われた茨城県内各地で大規模地震を想定した訓練などが行われた。毎年行われていた県主催の「追悼・復興祈念式典」は実施されなかったが、地域と共に支え合い、「震災の記憶を風化させるな」と誓った。

 北茨城市

 津波で5人が亡くなり、1人が行方不明となっている北茨城市では、正午から総合防災訓練が市生涯学習センター(同市関本町福田)を主会場に行われた。

 訓練は、茨城県沖でマグニチュード(M)9・0の地震が発生し、県北部で震度6強を観測したと想定。市の地域防災計画に基づき、市消防本部や県警、陸上自衛隊勝田駐屯地など関係機関が災害時の初動態勢を確認した。

 この日は約2千人の市民らが集まり、高台への避難や消火訓練、医師や看護師と連携しての人命救助訓練などを行った。

 終了式では、東日本大震災の発生時刻に合わせて参加者らが黙祷(もくとう)し、犠牲者の冥福を祈った。市自主防災組織連絡協議会の緑川亀之輔会長(72)は「防災への意識を新たにする訓練になった。大震災の記憶を風化させないように工夫していきたい」と語った。

続きを読む

「ニュース」のランキング