産経ニュース

【都議会一般質問】「児相と警視庁で情報共有を」 目黒女児死亡事件を受け 都側はこれまでの取り組み強調 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【都議会一般質問】
「児相と警視庁で情報共有を」 目黒女児死亡事件を受け 都側はこれまでの取り組み強調 

音喜多駿都議と会見する上田令子都議(左)=1月 音喜多駿都議と会見する上田令子都議(左)=1月

 東京都議会定例会は5日、一般質問が行われ、目黒区のアパートで5歳の女児が暴行され死亡した事件に関連し、上田令子都議(かがやけTokyo)が児童虐待が疑われる事案で「児童相談所から警視庁への情報提供がごく一部にとどまっている。全件で情報共有すべきだ」と指摘した。都側は「警視庁と都が全国に先駆けて情報共有に関する協定を締結した」とこれまでの取り組みを強調するにとどめた。

 小池百合子知事は児童虐待防止に向けて「関係機関が適切な役割分担の下、情報共有しながら一体となって家庭支援を行わなければならない」との認識を示した。その上で「警察などと一層連携を深めながら取り組む」と述べた。

 また、リニア中央新幹線建設工事をめぐる談合事件を受けて都は同日、幹部らが逮捕された鹿島建設と大成建設の2社を都の入札に参加できなくなる指名停止処分にしたと発表した。

 幹部が逮捕された2日付からで、鹿島を含む共同企業体(JV)が落札した城北中央公園と境川金森の各調節池工事(契約金額計約380億円)の仮契約を解除し、5日の都議会で同契約に関する議案を撤回した。

「ニュース」のランキング