産経ニュース

【浜名湖連続殺人公判】裁判員「黙秘の数制限できないか」「少しでも良心あるのなら遺族に本当のことを」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【浜名湖連続殺人公判】
裁判員「黙秘の数制限できないか」「少しでも良心あるのなら遺族に本当のことを」

 判決公判後、担当した9人中8人の裁判員が23日、静岡地裁で会見した。60代の男性裁判員は「大きな事件だった。いろいろ悩んだが、皆さんと話し合った結果だ」と極刑を下した量刑について語った。

 全11回の審理で、ほぼ黙秘を貫き、犯行の経緯や殺害動機など一切語らなかった川崎被告に対し、裁判員からは「やっていないのなら、やっていないなりに言葉がほしかった」と困惑の声が漏れた。

 50代の女性裁判員は「黙秘の数を制限できないか」。補充裁判員を務めた40代の女性裁判員は「少しでも良心があるのなら遺族に本当のことを話してほしい」と語った。

「ニュース」のランキング