産経ニュース

【米高校銃撃】事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る

ニュース 社会

記事詳細

更新

【米高校銃撃】
事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る

銃撃事件で死亡した18歳の同級生の墓を訪れた女性たち=16日、米フロリダ州北ローダーデールの教会墓地(AP) 銃撃事件で死亡した18歳の同級生の墓を訪れた女性たち=16日、米フロリダ州北ローダーデールの教会墓地(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日、17人が死亡した銃乱射事件で、米連邦捜査局(FBI)は16日、ニコラス・クルーズ容疑者(19)の情報を事前に入手していたにもかかわらず、捜査を怠ったことを明らかにした。セッションズ司法長官は初動対応のミスにあったとし、捜査体制のプロセスの見直しを指示した。

 FBIによると、クルーズ容疑者の「近い人物」が今年1月5日、FBIの情報提供回線に連絡してきた。情報提供者は、クルーズ容疑者の銃所有や殺人願望、常軌を逸した行動、ソーシャルメディアへの投稿内容のほか、学校銃撃の可能性も伝えたという。

 だが、FBIは、フロリダ州マイアミの事務所と情報を共有せず、情報に基づいて捜査することもなかった。

 フロリダ州のスコット知事(共和党)は、FBIの初動対応について「容認できない」と強く非難し、レイ長官の解任を求めた。

 FBIは昨年9月にも、容疑者の同姓同名の人物がネット上で「プロの学校銃撃犯になる」と書き込んでいると通報を受けたが、調査した結果、投稿者を特定できなかったとし、対応に批判が集まっている。

このニュースの写真

  • 事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る
  • 事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る
  • 事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る
  • 事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る
  • 事前に「学校銃撃の可能性」情報も FBIが捜査怠る

「ニュース」のランキング