産経ニュース

無免許運転の大砂嵐関を略式起訴 長野区検 相撲協会は3月に処分協議へ

ニュース 社会

記事詳細

更新


無免許運転の大砂嵐関を略式起訴 長野区検 相撲協会は3月に処分協議へ

 大砂嵐関  大砂嵐関

 大相撲の大砂嵐関(26)が乗った車が長野県内で別の車に追突した事故で、長野区検は16日、道交法違反(無免許運転)の罪で大砂嵐関を略式起訴した。長野簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し即日納付された。

 起訴状によると、大砂嵐関は1月1日に長野県中野市で、同3日には同県山ノ内町で、それぞれ有効な運転免許証を持たずに乗用車を運転したとしている。

 捜査関係者らによると、大砂嵐関は同3日に山ノ内町で車の追突事故を起こした。当初は日本相撲協会に「妻が運転していた」などと説明したが、その後、県警の調べに運転していたことを認め、防犯カメラなどの映像でも確認できたという。

 日本相撲協会は現役力士の車の運転を禁じており、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は16日、3月9日に大阪市内で行われる理事会で処分を協議する見通しを示した。

「ニュース」のランキング