産経ニュース

盗撮の元消防士に猶予判決 検察、罰金命令不服で裁判

ニュース 社会

記事詳細

更新


盗撮の元消防士に猶予判決 検察、罰金命令不服で裁判

 パチンコ店の女子トイレで盗撮したとして、埼玉県迷惑行為防止条例違反と建造物侵入の罪に問われたさいたま市消防局の元消防士長、清水聖史被告(35)=依願退職=に、さいたま簡裁は15日、懲役2月、執行猶予3年(求刑罰金40万円)の判決を言い渡した。

 さいたま区検はいったん略式起訴したが、簡裁が出した罰金10万円の略式命令を不服として正式裁判を請求していた。

 大谷吉史裁判官は判決理由で、被告に借金のあった知人の女に、利息支払いの代わりに盗撮させていたと指摘。「犯行は計画的で、女性の尊厳をないがしろにした」と、罰金刑より重い懲役刑が相当とした。

「ニュース」のランキング