産経ニュース

【朝鮮人追悼碑訴訟】【視点】玉虫色の判決 歴史問題に向き合わず

ニュース 社会

記事詳細

更新

【朝鮮人追悼碑訴訟】
【視点】玉虫色の判決 歴史問題に向き合わず

朝鮮人追悼碑設置をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」と記した旗を掲げる原告側=14日、前橋市(橋爪一彦撮影) 朝鮮人追悼碑設置をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」と記した旗を掲げる原告側=14日、前橋市(橋爪一彦撮影)

 県側は「強制連行」を認めない政府見解を引き合いに出して議論に臨んだ。何らかの司法判断を示すことはできなかったのか。

 守る会側は「強制連行」の文言の使用にこだわり、「これからが勝負。新たな戦いが始まった」(角田義一弁護団長)と意気込み、両者の溝は埋まりそうにない。主張の応酬を続ける限り、追悼という本来の碑の趣旨から乖離(かいり)し続けるばかりだ。(吉原実)

「ニュース」のランキング