産経ニュース

【朝鮮人追悼碑訴訟】3年余の論争に結論 守る会「満点ではないが…」 群馬県は「残念」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【朝鮮人追悼碑訴訟】
3年余の論争に結論 守る会「満点ではないが…」 群馬県は「残念」

朝鮮人追悼碑設置をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」と記した旗を掲げる原告側=14日、前橋市(橋爪一彦撮影) 朝鮮人追悼碑設置をめぐる訴訟の判決で、「一部勝訴」と記した旗を掲げる原告側=14日、前橋市(橋爪一彦撮影)

 これに対し、守る会弁護団の下山順弁護士は「不当だ」とし、「今後、来賓が(碑の前で)どのような発言をしていいのか、わざわざ行政当局に確認しなくてはならないのか」と指摘。政治的行事に対する前橋地裁の判断についても「『強制連行』は歴史学的にも確立した用語。納得できない」と主張した。

 ただ、判決では、「政治的行事を行った事実があることをもって、直ちに公園の効用を全うする機能を喪失していたということはできない」などとして不許可処分を取り消し、原告の一部勝訴という結果になった。

 下山弁護士は「(県側は)政治的行事があったというだけでは不許可処分にできなかった。判決が確定すれば許可処分とせざるを得ないはず」とし、控訴については協議するとしている。

 一方、県土整備部の中島聡部長は、「許可条件に違反があったと認定されたことは、県の主張が一部認められた。だが、不許可処分が取り消されたことは、大変残念だ」と受け止めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング