産経ニュース

ジャパンライフ 顧問に元官僚ら招請 報酬も

ニュース 社会

記事詳細

更新


ジャパンライフ 顧問に元官僚ら招請 報酬も

ジャパンライフの本社=2017年12月26日午後、東京都千代田区 ジャパンライフの本社=2017年12月26日午後、東京都千代田区

 磁気治療器の預託商法を展開し、2千億円超の負債を抱えて事実上倒産したジャパンライフ(東京)が顧問として永谷安賢元内閣府官房長や中嶋誠元特許庁長官らを招請し、報酬を支払っていたことが11日、分かった。元社員は「高額出資をためらう高齢者が顧問のリストを見て信用したケースがあった」と証言した。

 昨年の会社案内によると顧問はほかに(1)佐藤征夫元科学技術庁科学技術政策研究所長・元日本オリンピック委員会(JOC)理事(2)松尾篤元経済企画庁長官秘書官(3)橘優元朝日新聞政治部長(4)医師(5)薬剤師-。

 永谷氏は「友人から山口隆祥会長を紹介され、約2年前に顧問になった。処分を受けたと知人に指摘されて知り、昨年4月に辞任した」と話した。中嶋氏は政治家のパーティーで山口会長と知り合った。昨年2月に行政処分を知り、翌月に辞任。「処分を知らなかったのは不徳の致すところ」とした。

 橘氏は平成26年ごろから顧問を務め、昨年7月に辞任。「うかつと言われればその通り」と話した。佐藤氏は「コメントは差し控えたい」と述べた。松尾氏は所属先を通じ「1月から入院中」と回答した。

「ニュース」のランキング