産経ニュース

【リニア入札談合】大成建設の弁護人が特捜部に抗議文 特捜検事が「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【リニア入札談合】
大成建設の弁護人が特捜部に抗議文 特捜検事が「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」

大成建設の弁護人が特捜部に提出した「抗議書」。検事が大成の役職員を社長室に呼び出し、「社長の前でも嘘を付くのか」「ふざけるな」と怒鳴ったと指摘している 大成建設の弁護人が特捜部に提出した「抗議書」。検事が大成の役職員を社長室に呼び出し、「社長の前でも嘘を付くのか」「ふざけるな」と怒鳴ったと指摘している

 リニア中央新幹線建設工事をめぐるゼネコン大手4社による談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で東京地検特捜部による2度目の家宅捜索を受けた大成建設(東京)の弁護人は2日、捜査は大成関係者に圧力を加えるものであるなどとして、特捜部に抗議文を提出した。

 関係者によると、1日の捜索では、特捜部の検事らが大成の役職員らを社長室に呼び出し、「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」などと怒鳴りつけ、威圧的な態度で迫ったとされる。弁護人は抗議文で「黙秘権を侵害し、合理的な理由なく会社の業務を妨害するものだ」と指摘している。

 また、捜索では大成の社内弁護士や委嘱弁護士のパソコンが押収されたほか、弁護人が法的アドバイスを提供する目的で作成した大成の役職員に対するヒアリング記録などの資料も押収されたといい、弁護人は「公権力を用いて弁護活動を妨害し、容疑者の弁護権、防御権を侵害するものだ」と抗議している。

 大成広報室は産経新聞の取材に対し、「会社としては捜査が続いているので詳細は控えさせていただく」としている。

 大手4社のうち大林組と清水建設(いずれも東京)は談合を認め、同法の課徴金減免(リーニエンシー)制度に基づき、公正取引委員会に対し違反を自主申告したとみられるが、大成と鹿島建設は談合を否定。1月22日の期限までに申告を見送ったとみられている。

このニュースの写真

  • 大成建設の弁護人が特捜部に抗議文 特捜検事が「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」
  • 大成建設の弁護人が特捜部に抗議文 特捜検事が「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」

関連ニュース

「ニュース」のランキング