産経ニュース

【佐渡大断水】復旧いつ…住民いらだち 給水所やコインランドリーに行列 自衛隊には感謝の声 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【佐渡大断水】
復旧いつ…住民いらだち 給水所やコインランドリーに行列 自衛隊には感謝の声 

市民らが持ち込んだポリタンクに水を入れる自衛隊員=29日、佐渡市千種の市役所(松崎翼撮影) 市民らが持ち込んだポリタンクに水を入れる自衛隊員=29日、佐渡市千種の市役所(松崎翼撮影)

 日本列島を襲った寒波の影響で、新潟県佐渡市はかつて経験のない「大断水」に見舞われた。水道管が破損し、29日午前8時時点で約2万4千の全世帯のうち1万656世帯が断水。金井、佐和田、真野の各地区では2千世帯に迫るなど断水は広域にわたった。市民らは、災害派遣要請を受けて出動した自衛隊の給水で何とかしのぎながらも、夕方になっても復旧のめどが立たず、いらだちは募った。(松崎翼、市川雄二)

 市は給水所を同市千種の市役所本庁舎や新穂、佐和田、真野の各支所のほか夕方には両津小体育館などにも広げて計10カ所に設置。病院や福祉施設を優先的に供給する措置も取った。

 市役所の本庁舎前に設置された給水所には自衛隊の給水車が横付けされ、自衛隊員らが市民から受け取ったポリタンクやペットボトルに水を入れ続けた。訪れた人たちは生活への不安を口にする一方、「助かりました」と隊員らに感謝の言葉をかけていた。

 新穂地区に住む主婦(68)は「28日の夕方まで2日間断水して復旧した後、また午後7時から断水になった。こんなことは初めて。お風呂もトイレも使えず困っていた。自衛隊が来てくれて助かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 仕事帰りに訪れた会社員の男性(28)は「近くのスーパーでポリタンクを急いで買った。水がないのは本当に大変だ」と戸惑い、一刻も早く日常の状態に復旧してほしいと話した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング