産経ニュース

【草津白根山噴火】県内の小中高校12校、草津でのスキー教室中止も

ニュース 社会

記事詳細

更新

【草津白根山噴火】
県内の小中高校12校、草津でのスキー教室中止も

本白根山の噴火で、避難者の残した荷物を捜すためにロープウエー山麓駅に向かう群馬県警の車両=26日午前、群馬県草津町 本白根山の噴火で、避難者の残した荷物を捜すためにロープウエー山麓駅に向かう群馬県警の車両=26日午前、群馬県草津町

 草津白根山の本白根山の噴火で、群馬県内12校の小中高校が、山麓にある草津国際スキー場で予定していたスキー教室の実施について、中止や場所の変更も含めて見直しの検討を進めていることが25日、群馬県教育委員会のまとめでわかった。噴火の影響は、児童や生徒の安全を重視する教育現場にも広がり始めている。

 県教委健康体育課によると、12校の内訳は、小学校6校、中学校4校、高校2校。このうち、既に小学校3校が場所の変更を決め、今月30日に実施予定だった高校1校が中止を決めた。

 草津国際スキー場を運営する草津観光公社は噴火翌日の24日、「噴石の危険はない」として、噴火口から約5キロ離れた一部ゲレンデの営業を再開。噴火口から2キロ以内にあるゲレンデは今季の営業再開を断念した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング