産経ニュース

【草津白根山噴火】被害者の実名公表に遅れ…「家族の了承得られた」 群馬県、ずさんな“一元管理”

ニュース 社会

記事詳細

更新

【草津白根山噴火】
被害者の実名公表に遅れ…「家族の了承得られた」 群馬県、ずさんな“一元管理”

噴火による人的被害の情報公開をめぐって、群馬県の考え方を示した危機管理室の入内島敏彦・危機管理監(左)ら=25日、群馬県庁 噴火による人的被害の情報公開をめぐって、群馬県の考え方を示した危機管理室の入内島敏彦・危機管理監(左)ら=25日、群馬県庁

 草津白根山の本白根山(群馬県草津町)の噴火で、群馬県は25日午後、死亡した陸上自衛隊第12旅団(榛東村)の伊沢隆行さん(49)の氏名などを公表した。同日午前まで非公表としていたが、「家族の了解が得られた」とし、姿勢を一転させた。噴火から2日経過してからの公表は遅い上、同日時点で12人の死傷者の詳細な負傷状況は「把握できていない」と回答。災害時の負傷者情報の「一元管理」をまかされている県の情報の通知や収集などの、ずさんさが鮮明になっている。

 県危機管理室は25日午前、伊沢さんの氏名を公表しない理由を記者団に説明。家族から「公表しないでほしい」との要望があり、行方不明者が多数発生している状況ではないことなどを挙げた。しかし、午後になって「家族の同意が得られた」として公表に至った。

 従来は、災害時の被害者情報については、群馬県警が氏名などを公表してきた。県は人数や傷病程度しか公表しないのが通例だったが、昨年4月に改正された国の防災基本計画では「(災害時の)人的被害の数については都道府県が一元的に集約、調整を行うものとする」と定められた。

続きを読む

「ニュース」のランキング