産経ニュース

【信越線立ち往生】米山隆一・新潟知事がJRの対応に理解 「乗客降ろせば遭難の可能性」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【信越線立ち往生】
米山隆一・新潟知事がJRの対応に理解 「乗客降ろせば遭難の可能性」

新潟県の米山隆一知事 新潟県の米山隆一知事

 JR信越線の普通電車が新潟県三条市で約15時間半、立ち往生したトラブルで、同県の米山隆一知事は16日、自らのツイッターで、乗客を降ろせば遭難などの危険があったとしてJR東日本の対応に理解を示した。

 米山氏は「信越線の皆さんは本当に大変だったと思います。勿論反省点も改善点もありますが、冬季夜間悪天候下の移動は天候の急変で数百メートルでも遭難の可能性があり、転倒による骨折や将棋倒しの危険もありました。今後ともJRの対策に県として全面的に協力して参りますので、ご理解いただけますと幸いです」とツイートした。

 JR東日本は、乗客を一晩降ろさなかった理由について「車外に出すのは危険で、安全を優先した」と説明している。

このニュースの写真

  • 米山隆一・新潟知事がJRの対応に理解 「乗客降ろせば遭難の可能性」

「ニュース」のランキング