産経ニュース

【前橋女子高生重体事故】85歳男を鑑定留置へ 心身に問題か

ニュース 社会

記事詳細

更新

【前橋女子高生重体事故】
85歳男を鑑定留置へ 心身に問題か

 前橋市北代田町の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が乗用車にはねられ重体となった事故で、乗用車を運転し自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで逮捕された川端清勝容疑者(85)=同市下細井町=について、前橋地検が鑑定留置を請求する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」と供述。事故当時のことは覚えていないとの趣旨の供述を続けていることなどから、心身の状態を調べる必要があると判断した。

 捜査関係者によると、川端容疑者は昨秋、運転免許の更新時に改正道交法に基づく認知機能検査を受け、認知症ではないとの結果が出ていた。しかし、事故を起こすまでの間に認知機能が低下した可能性がある。家族らによると、川端容疑者は目立った持病などはなかったが、たびたび物損事故を起こしていた。家族から運転しないよう再三説得されても応じなかった。

 群馬県警によると、川端容疑者は中央線をはみ出し、右折待ちしていた車のサイドミラーに衝突、逆走する形で市立前橋高校1年の太田さくらさん(16)と3年の大嶋実来さん(18)を相次いではねた。

「ニュース」のランキング