産経ニュース

偽の1万円札を使ったベトナム人を逮捕 都内で似た偽札が流通 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


偽の1万円札を使ったベトナム人を逮捕 都内で似た偽札が流通 警視庁

 偽造された1万円札を使ったとして、警視庁組織犯罪対策1課は、偽造通貨行使の疑いで、東京都豊島区東池袋のアルバイトでベトナム国籍のチャン・テー・ハイン容疑者(25)を逮捕した。調べに対し、「偽札とは思わなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成29年11月13日、豊島区南池袋のJR池袋駅で、ベトナム国籍の男子留学生(23)から受け取ったスマートフォン1台の購入代金として偽の1万円札11枚を渡したとしている。

 組対1課によると、ハイン容疑者は同月上旬、会員制交流サイト(SNS)で知り合った別のベトナム人に自分のスマホを譲渡。偽札11枚はその際に購入代金として受け取ったものだったと話している。

 男子留学生が池袋駅で切符を購入しようとして使えなかったために偽札と判明。同日になって池袋署に届け出たという。

 偽札の番号は3種類でいずれも透かしがなく、本物より色が濃かった。都内では昨年、偽札が見つかった事件が3件あり、組対1課が関連を調べている。

「ニュース」のランキング