産経ニュース

横浜で連続放火の可能性 新たに不審火2件 計10件に

ニュース 社会

記事詳細

更新


横浜で連続放火の可能性 新たに不審火2件 計10件に

被害状況を説明する三上峰代さん=11日、横浜市(河野光汰撮影) 被害状況を説明する三上峰代さん=11日、横浜市(河野光汰撮影)

 横浜市南区で自転車などが焼ける不審火が相次いでいる事件で11日、新たな不審火が2件あった。一連の不審火は計10件となり、神奈川県警南署は同一犯による連続放火の可能性もあるとみて詳しい状況を調べている。

 同署によると、同日午前1時25分ごろ、同区永田北の2階建てアパートで、隣のアパートに住む女性(25)から「火が出ている」と110番通報があった。駆けつけた同署員が火を消し止めたが、ベランダの壁などが焼けた。同1時35分ごろには、近くに住む三上峰代さん(77)宅のガレージにあった電動自転車1台が燃えていると、近くに住む女性(32)から119番通報があり、駆けつけた消防隊員によって火は消し止められた。

 三上さんによると、夜中に突然、「バン!」という音が複数回したため慌てて外に出ると、ガレージ内の自転車や木材が燃えていたという。ガレージ内に設置していた人の動きを感知すると点灯するセンサーも壊されており、三上さんは「近所で不審火が相次いでいたから注意していたが…」と悔しそうに話した。

 区内では昨年10月以降、自転車などが焼ける不審火が8件相次いでいた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング