産経ニュース

「地下銀行」の疑いで中国人を逮捕 日本円を不正に為替取引

ニュース 社会

記事詳細

更新


「地下銀行」の疑いで中国人を逮捕 日本円を不正に為替取引

 地下銀行をしていたとして、神奈川県警生活保安課などは銀行法違反(無許可為替取引)容疑で、東京都豊島区東池袋の会社役員、蒋響俤容疑者(31)=中国籍=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成29年2月15日ごろから同5月19日ごろまでの間、当時風俗店を経営していた千葉県佐倉市小竹の会社役員の男性(32)から従業員を介して前後7回にわたり現金計約1200万円を受け取り、中国にある自分の口座から、中国元約84万元(当時日本円約1200万円相当)を中国国内の男性の銀行口座などに送金し、為替取引で銀行業を営んだとしている。

 同課によると、蒋容疑者と男性のSNS(会員制交流サイト)での投稿から事件が発覚。蒋容疑者は「6千万円の日本円を男性から預かった」などと話しているといい、同課が調べを進めている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング