産経ニュース

「レスキュー高校生」に警察庁長官が感謝状 甲府の火災で8人を救出・誘導

ニュース 社会

記事詳細

更新


「レスキュー高校生」に警察庁長官が感謝状 甲府の火災で8人を救出・誘導

警察庁長官感謝状を山梨県警の青山彩子本部長から伝達される日原拓哉さん=11日、県警本部(昌林龍一撮影) 警察庁長官感謝状を山梨県警の青山彩子本部長から伝達される日原拓哉さん=11日、県警本部(昌林龍一撮影)

 日原さんは昨年11月29日夜、住んでいる団地で発生した火災で、1人暮らしの70歳男性を部屋から救出。猛煙で階段が使えない現場で、排水パイプをよじ上って階段の踊り場に向かい、子供を含む7人を安全な場所に誘導した。

 テレビ番組で、戦隊ドラマ「トミカヒーロー レスキューフォース」を見て育ったことなどが取り上げられ、話題になった。

 この功績がたたえられ、南甲府署長、甲府地区消防本部消防長、県警本部長から、次々に感謝状が贈られている。

 日原さんは取材に「帰宅中の電車内で『テレビに映っていた人? 同じ高校生と思えないなあ』と声を掛けられた。社会的責任がより重くなるので、しっかりした生活をしていきたい」と話した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング