産経ニュース

「レスキュー高校生」に警察庁長官が感謝状 甲府の火災で8人を救出・誘導

ニュース 社会

記事詳細

更新


「レスキュー高校生」に警察庁長官が感謝状 甲府の火災で8人を救出・誘導

警察庁長官感謝状を山梨県警の青山彩子本部長から伝達される日原拓哉さん=11日、県警本部(昌林龍一撮影) 警察庁長官感謝状を山梨県警の青山彩子本部長から伝達される日原拓哉さん=11日、県警本部(昌林龍一撮影)

 昨年11月、甲府市後屋町の市営団地で起きた火災で、8人の住民を救出・誘導した山梨県立韮崎工業高校3年、日原拓哉さん(18)に11日、警察庁の坂口正芳長官の感謝状が贈られた。山梨県警で同日、伝達式が行われ、青山彩子本部長が感謝状を手渡した。県警によると、県内の個人・団体が長官感謝状を受けるのは、記録が残る平成に入ってから初めてという。

 「身の危険を顧みず、炎が燃え盛り黒煙が充満する居室内に入り、高齢男性を救助されました。その功労をたたえ深く感謝の意を表します」

 感謝状を読み上げた青山本部長は「全国の警察を代表して日原さんの素晴らしい行動に感謝状が贈られた。県警として誇りに思う」と言葉を掛けた。

 日原さんは「率直にうれしいですが、ぼくだけの力でなく、助けた方々みんなでいただいた感謝状です」と述べ、誘導などで協力した団地の住民への思いを強調した。

 警察庁などによると、長官感謝状は、人命救助や犯罪鎮圧などで功労が認められた部外の個人・団体に贈られる。25年以降、全国で103件が授与された。昨年の事案では、日原さんを含め3人に贈られた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング