産経ニュース

善光寺の小松玄澄貫主、早期辞任を否定 異例の連日会見で「大勧進を正常に戻す」

ニュース 社会

記事詳細

更新


善光寺の小松玄澄貫主、早期辞任を否定 異例の連日会見で「大勧進を正常に戻す」

記者会見する善光寺の小松玄澄貫主(右)と植田忠司弁護士=11日、長野市の善光寺大勧進(太田浩信撮影) 記者会見する善光寺の小松玄澄貫主(右)と植田忠司弁護士=11日、長野市の善光寺大勧進(太田浩信撮影)

 善光寺(長野市)の天台宗側トップ、小松玄澄(げんちょう)貫主(84)は11日、同寺大勧進で記者会見を開き、法要や儀式への参加を再開する意向を表明した自身の発言について、天台宗務庁(大津市)と協議した上で決断したと説明し、「大勧進を正常に戻すためだ」と正当性を強調した。貫主の任期に関しては「できる限り頑張りたい」と述べ、早期辞任を否定した。

 小松貫主は、大勧進の女性職員に対し差別的発言があったとして、大勧進の25院でつくる「一山(いっさん)」や信徒有志から罷免を要求された。これに関連し、「(発言は)なかった」と明言。同時に「私にしてみれば、嫌がらせだ」とも述べ、「一山」などの内部事情が要因で混乱に陥ったとの認識を示した。

 同席した植田忠司弁護士は、小松貫主への辞任要求について「権限のない者が(辞任を)強要するのはおかしい。法的な問題がある」との見方を示した。

 小松貫主は10日も記者会見し、法要などの参加再開とともに、将来的には貫主を退く考えを表明していた。自身の去就について、連日、記者会見を開き、説明に当たるのは極めて異例だといえる。

このニュースの写真

  • 善光寺の小松玄澄貫主、早期辞任を否定 異例の連日会見で「大勧進を正常に戻す」

関連ニュース

「ニュース」のランキング