産経ニュース

【カヌー薬物混入】鈴木康大選手「地元開催の五輪に何とか出たくて…」 8年前から「5、6人に嫌がらせ」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【カヌー薬物混入】
鈴木康大選手「地元開催の五輪に何とか出たくて…」 8年前から「5、6人に嫌がらせ」

 2020年東京五輪を目指していたカヌー日本代表候補の鈴木康大選手(32)が、ライバルである小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入させるという前代未聞の問題が9日、発覚した。五輪開催国としての信頼も失いかねない事態に、関係者の間には衝撃が広がる。「小松選手は若手で実力も伸びていた。地元開催の五輪に何とか出たい思いがあった」。鈴木選手は動機をこう説明しているという。

「本当に陽性反応が出るとは」

 「完全に裏切られた」。9日、東京都渋谷区の日本カヌー連盟本部で会見した同連盟の成田昌憲会長はこう話すと、苦渋の表情を浮かべた。

 同連盟によると、鈴木選手による薬物混入があったのは、昨年9月に石川県小松市で開かれた日本カヌースプリント選手権大会の会場だった。他競技の選手がメタンジエノンでドーピング違反になったことを知り、「他の人に入れたらどうなるんだろう」と考えた鈴木選手は、海外遠征中の8月中旬にインターネットを通じて同薬物を購入。大会期間中に千葉県にある実家を経由して、会場近くの宿舎に送ったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鈴木康大選手「地元開催の五輪に何とか出たくて…」 8年前から「5、6人に嫌がらせ」

「ニュース」のランキング