産経ニュース

「くずばかりで、むかついたから包丁で刺してやりました」と男が警察官切りつける 東京・狛江

ニュース 社会

記事詳細

更新


「くずばかりで、むかついたから包丁で刺してやりました」と男が警察官切りつける 東京・狛江

 7日午前8時半ごろ、東京都狛江市和泉本町の民家で、「親子げんかで息子が刃物を持って暴れている」と親族の女性から110番通報があった。駆けつけた警視庁調布署員が屋外で両親から事情を聴いていたところ、中にいた30代の息子が突然玄関ドアを開け、パン切り包丁(刃渡り約20センチ)で同署地域課の30代の男性巡査長に切りつけた。

 男性巡査長は、額に約20センチにわたる切り傷を負ったほか、左腕なども刺されており、病院に搬送された。命に別条はないが、重傷とみられる。

 同署は傷害と公務執行妨害の現行犯で、調布市に住む男を逮捕。当時は狛江市の実家に帰省中だったという。男は「調布警察署の生活安全課はくずばかりだし、むかついたから包丁で刺してやりました」と供述しており、殺人未遂容疑に切り替えて調べている。

 同署によると、男は過去に複数回にわたって来署。平成28年3月には「人身売買の被害を受けている」などと意味不明な相談をしていた。精神科への入退院を繰り返しており、刑事責任能力の有無を含めて慎重に捜査する。

関連ニュース

「ニュース」のランキング