産経ニュース

【草津の店主暴行死】2時間半の暴行って…殺人罪での立件も検討したらどうか? 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【草津の店主暴行死】
2時間半の暴行って…殺人罪での立件も検討したらどうか? 

糸岡さんが暴行を受け死亡した居酒屋=30日、滋賀県草津市 糸岡さんが暴行を受け死亡した居酒屋=30日、滋賀県草津市

 滋賀県草津市のちゃんこ料理店で昨年12月、経営者の男性(60)がクレームをつけた客2人から執拗に暴行を受けて死亡した。傷害致死容疑で逮捕された不動産仲介業の男(46)と土木作業員の男(45)は締めの雑炊の作り方が悪いと店員に因縁をつけ、別の店舗にいた男性が店にやってきて対応中に暴行を受けたものだったという。

 悪質なクレーマーには、店側もさぞ頭が痛いことだろう。クレーマーといえば、平成16年、執拗にクレームをつける客に「逆ギレ」した店長がクレームをつけていたサラリーマン宅を訪れ、殺害する事件が東京都内で起きた。

 9月、東京都墨田区東向島のマンションで会社員の男性(36)がナイフで十数カ所刺された状態で発見された。警視庁向島署捜査本部は12月になって、牛丼店店長の男(26)を逮捕したのだが、調べに店長は「販売した弁当が横になっていたとしつこくクレームをつけられ、頭にきた」などと供述した。

 警察が調べたところ、サラリーマンの男性は、8月下旬にこのトラブルが起きた後、数回、店長を呼び出して謝罪を求めていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング