産経ニュース

創価学会施設前で警備員をナイフで切りつけた少年を逮捕 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


創価学会施設前で警備員をナイフで切りつけた少年を逮捕 警視庁

 30日午後5時半ごろ、東京都新宿区信濃町の創価学会関連施設前の路上で、少年(19)が30~40代の男性警備員2人にナイフで切りつけた。2人は右腕や腹部を切られ、全治10日~1カ月の軽傷を負った。警視庁四谷署が傷害の疑いで少年を現行犯逮捕した。

 四谷署によると、少年は柵をよじ登って施設内に侵入したとみられる。警戒中の警備員が発見し、施設前の路上に連れ出した。

 警備員2人が話を聞こうとした際、少年が刃渡り14センチのナイフを取り出して暴れ出した。2人は近くにいた50代の男性警備員とともに少年を取り押さえ、通報を受けて駆けつけた四谷署の捜査員に引き渡した。

 少年は警備員ともみ合った際に右足に切り傷を負うなどしたため、病院に搬送されたという。

 四谷署は入院した少年をいったん釈放し、回復を待って詳しい事情を聴く。

関連ニュース

「ニュース」のランキング