産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか 裁判所へ駆け込む自己否定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか 裁判所へ駆け込む自己否定

小川榮太郎氏の著書『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社) 小川榮太郎氏の著書『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)

 「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」

 朝日新聞はかつて「ジャーナリスト宣言」と称する宣伝キャンペーンを展開し、新聞、テレビ、ラジオなどでこう強調していた。それが今では、信じているのは「言葉のチカラ」、つまり言論ではなく、司法となってしまったようだ。

 朝日が『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)の著者で、文芸評論家の小川榮太郎氏らを相手取って計5千万円の損害賠償訴訟を起こした件である。

 報道・言論機関である大新聞が自らへの批判に対し、言論に言論で対抗することもせず、あっさりと裁判所へと駆け込む。何という痛々しくもみっともない自己否定だろうか。

 小川氏は朝日の抗議に対し、5日付で丁寧な回答を送っていた。これについて朝日は、7日付朝刊に「回答の内容は承服できません」などと書いたのみで、25日に訴えてきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか 裁判所へ駆け込む自己否定
  • 朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか 裁判所へ駆け込む自己否定

関連ニュース

「ニュース」のランキング