産経ニュース

“裸体投稿”の高裁判事が女子高生殺害事件で無配慮ツイート 「被害者への尊厳、全くなし」と遺族が厳重処分要望

ニュース 社会

記事詳細

更新


“裸体投稿”の高裁判事が女子高生殺害事件で無配慮ツイート 「被害者への尊厳、全くなし」と遺族が厳重処分要望

問題となっている岡口基一裁判官のツイッターの書き込み(画面複写) 問題となっている岡口基一裁判官のツイッターの書き込み(画面複写)

 東京都江戸川区の自宅アパートで高校3年だった岩瀬加奈さん=当時(17)=が殺害された事件に関し、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(51)がツイッターで配慮のない投稿をしたとして、遺族が26日、高裁に厳重な処分を求める要望書を提出した。

 事件では、高裁が今月1日の判決で無職の青木正裕被告(31)を無期懲役とした1審東京地裁判決を支持し、控訴を棄却。被告が上告している。

 遺族や代理人弁護士によると、岡口裁判官は同15日、実名のツイッターアカウントで「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男」「そんな男に、無惨にも殺されてしまった17歳の女性」などのコメントとともに、判決の主文などが記載されたデータのリンクを投稿した。岡口裁判官は事件の審理に関わっていない。

 要望書では「被害者への尊厳への配慮が全くないどころか、事件を軽視し、ちゃかしていると感じる。現役の裁判官によるもので、強い憤りを覚えた」と訴えている。説明なく投稿が削除された点については「ごく軽い気持ちでツイートしたことを実感し、憤りを強くしている」としている。

続きを読む

「ニュース」のランキング