産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


大宮・風俗店火災の死者5人に

全焼した性風俗店の現場検証に向かうさいたま市消防局の職員ら=18日午前10時40分ごろ、さいたま市大宮区宮町(飯嶋彩希撮影) 全焼した性風俗店の現場検証に向かうさいたま市消防局の職員ら=18日午前10時40分ごろ、さいたま市大宮区宮町(飯嶋彩希撮影)

 さいたま市大宮区の風俗店火災で、埼玉県警は21日、意識不明の重体となっていた20代ぐらいの女性が20日深夜に死亡したと明らかにした。死者は計5人となった。県警は身元確認を進めるとともに、22日に司法解剖して死因を調べる。

 消防などによると、女性は接客用の部屋があった建物2階から搬送され、従業員とみられる。

 捜査関係者によると、火元は2階南側のごみ置き場付近とみられ、県警は死亡した5人が燃え方の激しかった2、3階にいて逃げ遅れたとみて詳しい状況を調べている。

 火災は17日に発生。3階建てソープランドが全焼し、一酸化炭素(CO)中毒ややけどで女性従業員や男性客らが死亡した。他に7人が軽症。

「ニュース」のランキング