産経ニュース

【富岡八幡宮殺傷事件】車から引きずり出し執拗に切りつけか 腕や指切断

ニュース 社会

記事詳細

更新

【富岡八幡宮殺傷事件】
車から引きずり出し執拗に切りつけか 腕や指切断

富岡茂永容疑者 富岡茂永容疑者

 東京都江東区の富岡八幡宮付近で、宮司の富岡長子さん(58)が刺殺された事件で、弟で元宮司の茂永容疑者(56)=犯行後に死亡=が襲撃の際、危険を感じて車内に身を隠した富岡さんを車から引きずり出し、日本刀で執拗に切りつけたとみられることが11日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は茂永容疑者が富岡さんに対し、強い殺意を持っていたとみて詳しい状況を調べている。

 警視庁は犯行時間前後の防犯カメラの画像を解析。捜査関係者によると、自宅近くの路上で富岡さんが車から降りようとしたところ、建物の陰に隠れていた茂永容疑者と妻の真里子容疑者(49)=同=が襲いかかった。富岡さんはいったん車内に戻り、ドアを閉めたが、茂永容疑者がドアを開けて富岡さんを引きずり出し、路上に倒れたところを日本刀で切りつけたとみられる。

 富岡さんの遺体には、首の後ろと右胸に深い傷があったほか、腕や指が切断されていた。

 また、茂永容疑者が事件直前、神社関係者に宛てて投函したとみられる手紙が深川署にも届いていたことが判明。手紙は富岡さんを中傷し、宮司から追放することなどを求める内容で、同課は事件との関連を調べている。

このニュースの写真

  • 車から引きずり出し執拗に切りつけか 腕や指切断
  • 車から引きずり出し執拗に切りつけか 腕や指切断

関連ニュース

「ニュース」のランキング