産経ニュース

「会社の法律は俺」…残業代不払い「ブラック企業」、長時間労働当たり前のエステ業界

ニュース 社会

記事詳細

更新


「会社の法律は俺」…残業代不払い「ブラック企業」、長時間労働当たり前のエステ業界

運営会社に残業代の支払いを求め提訴し、会見に臨むエステティックサロンさくらのエステティシャンら=東京都千代田区 運営会社に残業代の支払いを求め提訴し、会見に臨むエステティックサロンさくらのエステティシャンら=東京都千代田区

 「会社の法律は俺だって思ってるから」

 現場に居合わせた20代の元エステティシャンは「あぜんとしました。こういう人だから、会社はこんな実情になっているんだと思いました」と振り返る。

 その後、渋谷労基署も同社の代官山店のエステティシャンに残業代を支払うよう是正勧告を出している。しかし、残業代はいまだに支払われていないという。

典型的なブラック企業

 一連の事案を「典型的なブラック企業の被害事件だ」と語るのは、エステティシャンらを支援する労働組合「エステ・ユニオン」だ。訴状などによると、今回提訴した7人は平成26~28年にかけて求人サイトの募集を見て同社に入社。そこには「実働8時間」「月給23万円プラス諸手当」などの記載があったという。

 しかし、実際には午前9時~午後9時ごろまでの長時間労働で、休憩も十分に取れない労働環境だった上、残業代は一切支払われず、月給が23万円を超えることもほぼなかった。しかも「風邪で1日休んだら、4万円近く引かれてしまった」(元エステティシャン)という。ユニオンは「求人詐欺に遭ったようなものだ」と指摘する。ユニオンとの交渉の過程で、会社側は「残業は固定残業代だった」と主張したが、従業員はそうした条件を一切知らされていなかったという。

続きを読む

「ニュース」のランキング