産経ニュース

NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

ニュース 社会

記事詳細

更新


NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

NHK受信料訴訟の弁論が開かれた最高裁大法廷=6日午後、最高裁(佐藤徳昭撮影) NHK受信料訴訟の弁論が開かれた最高裁大法廷=6日午後、最高裁(佐藤徳昭撮影)

 大法廷は「放送は、憲法が保障する表現の自由の下で、国民の知る権利を充足し、健全な民主主義の発達に寄与するものとして、広く普及されるべきものだ」と指摘。これを実現するために公共放送と民間放送の「二元体制」がとられており、公共放送の財源について公平に負担を求める仕組みは合理的で憲法に違反しないとした。

 男性は平成18年3月にテレビを設置。NHKが23年9月に申込書を送ったが契約を結ばなかったため、NHKが契約締結などを求める訴えを起こしていた。

NHKの話

 「引き続き、受信料制度の意義を丁寧に説明し、公平負担の徹底に努めていく」

このニュースの写真

  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

関連ニュース

「ニュース」のランキング