産経ニュース

NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

ニュース 社会

記事詳細

更新


NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

NHK受信料訴訟の弁論が開かれた最高裁大法廷=6日午後、最高裁(佐藤徳昭撮影) NHK受信料訴訟の弁論が開かれた最高裁大法廷=6日午後、最高裁(佐藤徳昭撮影)

 テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、受信料制度は「表現の自由を実現するという放送法の趣旨にかなうもので、合憲」との初判断を示した。「契約の自由」などを保障した憲法に違反するとした男性側の主張を退け、双方の上告を棄却。男性にテレビ設置以降の受信料支払いを命じた2審東京高裁判決が確定した。

 15人の裁判官のうち14人の結論。契約の成立時期は、NHKが未契約者を相手に裁判を起こし、勝訴が確定した時点とした。木内道祥裁判官は「放送法が定める契約義務は判決では強制できない」との反対意見を述べた。

 「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」とした放送法の規定の合憲性が最大の争点。900万件以上とされる未契約世帯への徴収業務に大きな影響を与えそうだ。

 一方、携帯電話のワンセグ機能をめぐっては司法判断が分かれており、受信料についての論点は今後も残されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る
  • NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る

関連ニュース

「ニュース」のランキング