産経ニュース

スマホ詐取容疑で会社役員の男ら逮捕 被害は1万2000台で9億円以上の可能性も 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


スマホ詐取容疑で会社役員の男ら逮捕 被害は1万2000台で9億円以上の可能性も 警視庁

 架空の投資組合との取引を装い携帯電話ショップからスマートフォンなどをだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は6日、詐欺の疑いで、東京都荒川区東尾久の会社役員、簑田(みのだ)●(=隆の生の上に一)司容疑者(54)ら男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成25年10月ごろ~26年2月ごろ、転売目的であることを隠し、千代田区と墨田区の携帯電話ショップから、スマホなど携帯電話計480台(販売価格計約4200万円)を詐取したとしている。

 組対4課によると、簑田容疑者らは活動実体のない投資組合を設立。組合名義で法人契約し、実際に使用しているように装って取得した携帯電話を買い取り業者に転売する犯行を繰り返していた。詐取金の一部が暴力団に流れていた恐れもあるという。

 24年から27年にかけ、同様の手口で携帯電話がだまし取られる被害が9都府県で発生。約1万2000台が詐取され、被害額は9億円以上に上るとみられ、同課が関連を調べている。

「ニュース」のランキング