産経ニュース

偽サイト開設、長野の高校生を不正アクセス容疑で書類送検

ニュース 社会

記事詳細

更新


偽サイト開設、長野の高校生を不正アクセス容疑で書類送検

 長野県警佐久署と県警生活環境課は4日、SNS(会員交流制サイト)のフィッシングサイト(偽サイト)を開設したとして、不正アクセス禁止法違反容疑で、南佐久郡の男子高校生(17)と、小諸市の男子高校生(18)を長野地検上田支部に書類送検した。

 送検容疑は、今年2月中旬~4月中旬、海外SNSサイトのログイン画面を模倣した偽サイトを開設。正規のサイトと誤認させてパスワードなどの入力を不正に要求したとしている。

 同署によると、小諸市の男子生徒が「交際中の彼女のSNSサイトをのぞきたい」として、南佐久郡の男性生徒に依頼。南佐久郡の生徒は「自分のプログラム技術を試してみたい」と協力したという。

 ネット上の違法・有害情報の提供を呼びかける「インターネットホットラインセンター」へ通報があり、県警が捜査していた。

「ニュース」のランキング